目の下のクマ 疲れ

目の疲れを解消してクマを改善!目の下をスッキリ健康的に!!

目の下のクマと、目の疲れに、大きな関係がある事をご存知でしたか?もし、あなたがクマの改善に努力していても、効果が見られないのなら、それは目の疲れが原因の可能性があります。できるなら、クマなんて簡単に改善したいですよね。

 

今回は、目の疲れからできるクマの原因や、改善方法をご紹介します。

 

疲れから起こるクマとは?

 

クマには「青クマ」「赤クマ」「黒クマ」「茶クマ」の4つの種類があります。この内、目の疲れから引き起こるクマは青クマ・赤クマ・黒クマです。青クマ・赤クマは、血行不良が原因で、黒クマは、加齢やむくみによる皮膚のたるみが原因です。

 

では、なぜ目の疲れがクマを引き起こすのか?それは、パソコンやスマホ、テレビ等の液晶を長時間見る事で、目が疲れ、血行不良やむくみを引き起こすからです。ですので、目を疲れさせない事、目の疲れはしっかり取る事が肝心です。

 

目の疲れを取る方法

 

目の疲れを取るには、薬局で販売されている薬を飲んでも、改善は期待されます。しかし、改善後に、またいつもの様に目の疲れを貯めていると、一向に良くなりません。日常の中に改善方法を取り入れる事も大切なのです。

 

まず、心掛けてほしいのは、質の良い十分な睡眠を取る事、パソコンやスマホを使用する際は1時間に10分程の休憩を作る事です。又、パソコンやスマホの操作は、暗い部屋で行わない様にして下さい。これらができない場合は、意識だけはしておいて下さいね。

 

次に、ホットタオルや温冷タオルで目の疲れを取る方法です。普段の目の疲れには、ホットタオル、充血を伴った目の疲れには、温冷タオルが効果的です。ホットタオルは、濡らしたタオルをレンジで1分前後温めるだけで作れますので、とても簡単です。

 

温冷タオルとは、ホットタオルと冷たいタオルを用意し、交互に30秒ずつ目の周りにのせ、それを3~4回繰り返します。温冷交互にのせる事で、血管が収縮と拡張を繰り返し、血流が良くなります。ぜひ、試して下さい。

 

最後に、目のストレッチやマッサージを行う事です。まずは目のストレッチからご紹介します。簡単にできて、職場でお手洗いに立った際でもできるストレッチですのでお勧めです。

 

1つ目は、「目を固く閉じる・目を大きく開く」を数回繰り返します。次に、目をゆっくり上下左右に動かし、右回り・左回り各1回転ずつ目を回して完了です。2つ目は、3m程の遠く・目から30㎝程の近くを交互に見る事を20回ほど繰り返す方法です。

 

次に目のマッサージを2つご紹介します。1つ目は、目の周りの骨に沿って、指の腹で押します。効いている箇所には、少し強めに押しても構いませんが、加減は必要ですので注意して下さい。

 

2つ目は、こめかみに中指と薬指をあて、円を描く様に押し当てていきます。マッサージは、強くし過ぎず優しく行いましょう。クリームやオイル等を使って、摩擦による肌の傷みを軽減しましょう。

 

目の疲れを改善してスッキリ目元へ

 

目の疲れを改善する事は、目の下のクマの改善には欠かせません。上記の方法以外にも、目に良いとされるサプリメントや食べ物(ブルーベリーや黒酢等)を取り入れるのも良いですね。又、頭のコリからくる目の疲れもありますので、頭皮をほぐす事も効果的です。

 

忙しい毎日の中で、簡単に取り入れられる方法ばかりですので、ぜひ、お試し下さいね。目の疲れを改善して、クマのない健康的な目元を目指しましょう!