目の下のクマ 対策

治したい黒クマの対策は!?簡単な改善方法をご紹介!

顔が老けて見える黒クマ・・・。治せるものなら、早く治したいですよね。しかし、クマの中で最も改善しにくいクマというのも事実です。

 

今回は、老け顔に見られがちな黒クマの改善方法をご紹介していきます。加齢は、どんどん進んでしまいますので、早めの対策をお勧めします。

 

黒クマはどうやって改善していく?

 

黒クマは、加齢によるたるみが原因で発生します。加齢は止める事ができませんので、黒クマは、クマの中で最も改善が難しいとされています。しかし、原因であるたるみは、眼輪筋という目の周りの筋肉を鍛える事によって改善する事ができます。

 

また、血液やリンパの流れが滞ると、余分な水分や脂肪が溜り、その重さがたるみを悪化させます。血行や老廃物を流すためには、頭部や耳の後ろ、鎖骨等をマッサージすると効果があります。

 

その他にも、化粧品やサプリメントを使って、改善していく事も可能です。肌を健やかにする成分を生成してくれる「線維芽細胞」を増殖させるサプリメント等を生活に取り入れてみましょう。

 

目の周りの筋肉を鍛えてたるみを解消

 

眼輪筋に効果的なエクササイズです。まず、目をギュッと閉じて5秒キープし、少しずつ目の力を抜いていきます。次に、眉を上げて、目を見開き5秒キープし、ゆっくり力を抜いて元の状態へ戻します。

 

こちらも眼輪筋に効くエクササイズです。まずは、指をチョキの形にし、目頭に中指、目尻に人差し指を置きます。そのまま、白目を剥く様に黒目を上に上げていき10秒キープした後、ゆっくり元に戻します。

 

上まぶたのエクササイズもあります。まずは、人差し指を眉の上に置き、そのまま眉を頭部の方向へ上げ、上まぶたが伸びきった所で5秒キープします。その後、ゆっくり元に戻します。

 

最後は、下まぶたのエクササイズです。口を「お」の形にして鼻の下を伸ばし、目線は上に向けます。目の下を伸ばし、まぶしい時の様に、下まぶたを引き上げて5秒キープした後、ゆっくり元に戻します。

 

化粧品やサプリメントを使って、たるみを解消

 

加齢によるたるみは、コラーゲンやヒアルロン酸等の成分が不足する事によって起こります。これらの成分を生成するのが「線維芽細胞」という細胞です。この細胞を活性化するには「線維芽細胞増殖因子(FGF)」が必要です。

 

このFGFを増殖させるには、美容整形外科で注射をする、肌に塗る、飲む、の3通りあります。しかし、美容整形は、金額も高くなりますので、FGFが配合された、化粧品やサプリメントを取り入れる事がいいでしょう。

 

エクササイズと合わせて、FGFを取り入れる事で、より効果を得る事ができますよ。

 

黒クマの原因、たるみにはエクササイズや化粧品を!

 

今回は、黒クマの原因となる、たるみの解消法をご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?加齢によるたるみは、エクササイズを行い、FGF配合の化粧品を使ったとしても、すぐに改善するものではありません。

 

黒クマを消すには、毎日コツコツ努力していく事が必要です。「黒クマの原因が加齢だったなんて・・・」と諦めずに、たるみの解消に取り組んでいきましょうね!