目の下のクマ 酒

お酒で目の下のクマが消える?濃くなる?飲酒後のクマ対策とは!?

「お酒を飲むと目の下のクマが消える」という方は多くいらっしゃるでしょう。その反面「お酒を飲むとクマが濃くなる」という方もいらっしゃいます。このような両極端な噂があると、どちらが正しいのか分からなくなりますよね?

 

そこで今回はお酒を飲むと、クマが消えたり濃くなったりする理由をご紹介していきます。又、お酒を飲んだ後のクマ対策についても記載していますので、ぜひ役立てて下さいね!

 

お酒を飲むと目の下のクマが消える?濃くなる?どっちなの!?

 

お酒を飲むと体が温まり血行が促され、この作用によりクマは改善されます。しかしこれは一時的なもので、アルコールが抜けると血液はドロドロになり余計に血行が悪くなります。つまり飲酒でクマが消えるのも濃くなるもの事実なのです。

 

又、お酒を飲むと腎臓に負担がかかり、腎臓の機能が低下してしまいます。その結果、むくみが生じやすくなり、目の周りを腫れぼったくしてしまうのです。目が腫れると目の下に影ができる為、クマのように見えるので要注意ですよ。

 

お酒は頻繁に飲まなければ継続的に血液に影響を与える事はありません。よって、たまに飲むお酒が消えないクマを生むという事はないでしょう。しかし肌や健康の為にも、お酒を頻繁に飲むのは避ける事をオススメします。

 

飲酒によるクマの発生を防ぐ方法はあるの?

 

*飲み過ぎない*

 

お酒を飲み過ぎなければ、体内でしっかりとアルコールを分解できます。よって血液がドロドロになって血行不良を起こし、クマをつくる事もないのです。しかし分解できない程のアルコールを摂取した場合、クマができるリスクは高まります。

 

お酒を飲むなとは決して言いませんが、程々にしておきましょうね。

 

*毎日飲まない*

 

毎日お酒を摂取すると肝臓や腎臓の休む暇がなくなり、体内環境が悪化します。その影響でクマが生じやすくなるのです。お酒が好きな方・毎日飲むという方は休肝日を作り、内臓の負担を軽減してあげましょう。

 

*おつまみは塩分の少ないものを*

 

お酒を飲むと味の濃いおつまみが欲しくなりますよね。しかし味の濃い料理やお菓子には塩分が多く含まれる為、むくみの原因になります。お酒を飲むなら、なるべく味の薄いおつまみを選択しましょう。

 

お酒を飲んだ後にできるクマ対策方法をご紹介します!

 

*体や目元を温める*

 

お酒を飲んだ翌日にクマができてしまったら、血行を促す為に目元を温めましょう。その際はホットアイマスクや蒸しタオルがオススメです。もし時間があるのでしたら、湯船に浸かるのも良いでしょう。

 

体全体を温める事で全身の血行が促され、肩こり・眼疲労・ストレス等によるクマも解消できますよ。お湯の温度は38度~40度程にするのがオススメです。

 

*カリウムを摂取する*

 

カリウムには体の余分な塩分を排出する効果がありますので、むくみを解消できます。むくみがなくなれば、腫れた目の影響でできたクマを改善できます。カリウムはアボカド・バナナ・キウイ等に含まれていますので、お酒を飲んだら積極的に摂取しましょう。

 

*納豆を食べる*

 

納豆には血液をサラサラにする効果があり、血行不良の改善に繋がります。又、上記で記載したカリウムやアルコールの代謝を促すビタミンB1も豊富に含まれています。こちらもお酒を飲む時・飲んだ後に取り入れる事をオススメします。

 

お酒は程々にして肌と体の健康を守りましょう!

 

今回はお酒とクマの関係やお酒を飲んだ時のクマ対策についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?お酒には血行を促す効果がある為、最初はクマが消えたように感じます。

 

しかしアルコールが抜けると、先程とは反対に血行不良を起こす為、クマが濃くなってしまいます。翌日に酷いクマで悩まない為にも、お酒は程々を心掛けましょう。又、毎日飲まずに休肝日を作る事も忘れないで下さいね。

 

目の下のクマを悪化させない為にも、お酒との付き合い方を再度見直してみましょう!