目の下のクマ 肩こり

目の下のクマは肩こりが原因かも!?肩こりを改善して青クマを撃退!

「今日も目の下にクマができてしまった」「十分眠ったのに、クマが消えない!」このようなお悩みを抱えていませんか?

 

目の下のクマを引き起こす要因には眼疲労や睡眠不足が挙げられます。しかしこれらの要因に気を付けているのに、クマが改善されないという方も多いでしょう。その場合「肩こり」が目の下のクマを招いているのかもしれません!

 

今回は肩こりが目の下のクマを引き起こす理由と、その改善方法をご紹介していきます。健康的な目元を取り戻す為に、ぜひ最後までご覧下さいね!

 

肩こりが目の下のクマを引き起こすのは何故?

 

目の下のクマには種類があり、青クマ・茶クマ・黒クマが存在します。この内20代の女性が生じやすいのが青クマで、肩こりによるクマも青クマに該当します。青クマは血行不良が原因で、血行不良は肩こり・眼疲労・睡眠不足・ストレス等が招いてしまいます。

 

では血行不良はどのようなメカニズムで起こるのでしょう?それは筋肉が固くなる事が関係しています。疲れて固くなった筋肉は周辺の血管を圧迫し、血液の流れを悪くしてしまうのです。

 

そして連鎖的に肩周り・首周り・顔周り・頭の血行不良を招き、青クマを引き起こしてしまうのですよ。これが目の下のクマが肩こりによって引き起こされる理由とメカニズムなのです。青クマを改善するには、肩こりを改善して血行を促す事を忘れないで下さいね!

 

肩こりによる目の下のクマの改善方法とは!?

 

*肩や目の周りを温める*

 

「お風呂に入ると目の下のクマが薄くなった」という経験はありませんか?これは体が温まって血行が促された事が原因です。よって肩こりによるクマを改善するには、肩や目の周りを温める事が大切なのです。

 

1日の終わりには必ず湯船に浸かり、肩や目の周りの筋肉をほぐしてあげましょう。又、ホットタオルで温めるのも有効です。体を冷やすような習慣を改め、血行促進を心掛けましょう。

 

*ストレッチを行う*

 

肩こりは長時間肩を動かさない事が原因で生じます。よって1日中デスクワークをしている・細かい作業をしているという方は、ストレッチを取り入れましょう。難しいストレッチを行う必要はありません。

 

肩を回す・腕を伸ばす・左右の肩甲骨を背骨の方に寄せる等の簡単な動きを、こまめに取り入れましょう。これだけで固まった筋肉がほぐれて血行が促され、目の下のクマを緩和する事ができますよ。

 

*カシスポリフェノール・ビタミンC・ビタミンEの摂取*

 

目の下のクマを改善するには、血行を促す栄養素を摂取する事も大切です。その栄養素というのが「カシスポリフェノール」「ビタミンC」「ビタミンE」です。カシスポリフェノールには細い血管を拡張し、血液の流れを良くする効果があります。

 

そして即効性に優れている点も、カシスポリフェノールをオススメする理由です。カシスポリフェノールを摂取した2時間後には約5%もクマが改善したという実験結果があるのですよ。

 

カシスポリフェノールはサプリやドリンクで摂取できますので、ぜひ試してみて下さいね!そしてビタミンCとビタミンEにも血行促進効果があるのでオススメです。血行不良に有効な栄養素を取り入れ、青クマを改善していきましょう。

 

肩こりを改善し目の下のクマを消そう!

 

今回は肩こりが目の下のクマを招く理由と改善方法をご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?肩がこると、肩周り・首周り・顔周り・頭が連鎖的に血行不良となり、青クマを招いてしまいます。健康的な目元を維持する為にも、血行を促す事を心掛けましょう。

 

血行を促すには温める・ストレッチ・有効な栄養素の摂取がオススメですので、ぜひ取り入れてみて下さいね。又、普段から運動不足の方は、毎日の生活に適度な運動を取り入れる事をオススメします。肩こりや血行不良を改善し、健やかな目元を取り戻しましょうね!