目の下のクマ たるみ

たるみが目の下のクマを作っていた!?黒クマの原因と改善方法!

最近、目の下のクマが取れないとお悩みのあなた。十分に睡眠をとって、疲れてもいないのならば、それは、たるみが原因の黒クマかもしれません。目の下の皮膚を下へ伸ばすと消える、真上を向いたら消えるというのが、黒クマの特徴ですので、試してみて下さい。

 

黒クマは、加齢によるたるみが原因ですので、クマの中では最も改善が難しいクマと言われています。今回は、そんな黒クマの原因と改善方法をご紹介します。

 

黒クマの原因となるたるみは2種類

 

たるみには、2つの種類があります。1つは、表皮の下にある真皮に、コラーゲンやヒアルロン酸が不足し、真皮に凹凸ができ、表皮にも表れてしまいます。その凹凸が影になり、黒クマに見えます。

 

もう一つは、眼球を支えているじん帯がゆるみ、皮膚・筋肉・脂肪等も支える事ができなくなってしまいます。すると、目の周りの皮膚や眼球の重さで、目の下の脂肪が押し出され膨らみが生じます。その膨らみが影になり、黒クマに見えます。

 

黒クマは、他のクマの様に、皮膚や皮膚の下に色が付いているのではなく、影がクマを作っています。上記の様なたるみは、加齢よって起こりますので、改善が他のクマより難しいと言われる理由です。

 

たるみの改善方法

 

たるみは、美容整形でない限り、即効性のある改善方法はありません。ですので、コツコツ継続する事が大切です。毎日続けられる様な改善方法をご紹介しますね。

 

たるみは、コラーゲンやヒアルロン酸の不足により起こりますので、それらの成分を取り入れる事が肝心です。保湿クリームやサプリメント、イオン導入器付きの美顔器等を使い、表皮だけではなく、真皮まで水分を行き届かせる様にしましょう。

 

その為には、毛穴をしっかり開かせてから、保湿する必要があります。ですので、お風呂から上がってすぐや、ホットタオルを使うようにしましょう。クリーム等を塗る際は、目の周りの皮膚を傷めない為にも、強くこすり過ぎず、優しく行いましょうね。

 

又、目の周りの筋肉である眼輪筋を鍛える事を忘れてはいけません。眼輪筋を鍛える事によって、眼球や皮膚の重さに耐えきれる様になり、たるみが改善します。ここでご紹介するのは、簡単なストレッチですので、隙間時間にでも試してみて下さいね。

 

軽く目を閉じて、徐々にギューと閉じていき5秒間キープした後、ゆっくり目の力を抜いていきます。次に、眉を上げて、大きく目を開き5秒キープした後、ゆっくり元に戻します。これで終了ですので、気付いた時に簡単にできますよね。

 

たるみの改善には、目の周りに気を使う事

 

今回は、黒クマの原因となる、目の下のたるみについてご紹介しましたが、ご参考になりましたか?上記以外にも、頭皮をほぐして血行を良くする、目の擦り過ぎに注意する等をして、目の周りの事に気を使う様にしましょう。

 

毎日、コツコツ行う事で、たるみは改善しますので、あなたも実践してみて下さいね。