目の下のクマ 化粧直し

目の下のクマを隠す化粧直し方法って?夕方でも明るい目元をキープ!!

「夕方になると目の下のクマが気になる」「仕事終わりに目元の化粧直しをしても、上手くできない」このようなお悩みを抱えていると、仕事終わりや学校終わりの外出を楽しめなくなりますよね?

 

そこで今回は、目の下のクマを隠す化粧直し方法についてご紹介していきます。又、あなたのクマの種類に合ったコンシーラーの選び方も記載しています。夕方も美しい目元をキープしたいという方は、ぜひ最後までご覧下さいね!

 

クマの種類に合ったコンシーラーを使おう!

 

*青クマに合ったコンシーラーとは?*

 

眼疲労・肩こり・寝不足等によって血行不良が生じ、目の下が青っぽくなるクマを「青クマ」と言います。20代・30代の女性に多くみられるクマで、体調によって現れたり消えたりする特徴を持ちます。

 

この青クマでお悩みの方は、オレンジ系のコンシーラーがオススメですよ。

 

*茶クマに合ったコンシーラーとは?*

 

摩擦・紫外線・乾燥等の影響で肌がダメージを負うと、メラニン色素が生成されます。特に目の下の皮膚は薄くデリケートですので、メラニン色素が生成されやすいです。このメラニン色素が沈着して目元が茶色っぽくなっているクマを「茶クマ」と言います。

 

茶クマの場合はイエロー系やベージュ系のコンシーラーが良いですよ。

 

*黒クマに合ったコンシーラーとは?*

 

「黒クマ」は皮膚のたるみによって目の下に影ができ、クマのように見える事を言います。その為「影クマ」とも呼ばれているのです。黒クマは皮膚の老化や筋力の低下が原因ですので、20代の方には関係なさそうに思えますよね?

 

しかし20代後半から顔のハリや弾力は低下しますし、20歳前後をピークに筋力は徐々に衰えていきます。「まだ大丈夫」と思っている方は要注意ですよ!そんな黒クマにお悩みの方は、パール入りのコンシーラーがオススメです。

 

あなたのクマの種類に合ったコンシーラーを選び、クマ隠しに役立てていきましょうね!

 

目の下のクマを綺麗に隠す化粧直し方法とは!?

 

*簡単に化粧直ししたい場合*

 

ササッと簡単に化粧直しを行いたい場合は、ティッシュ・コンシーラー・パウダーを利用しましょう。まず初めに、ティッシュで顔の油分をオフします。そしてファンデーションは塗らずに、コンシーラーでクマを隠しましょう。

 

最後にパウダーをのせて完成です。脂性肌の方は、ティッシュで油分をオフする事がとても重要になります。忘れずに行って下さいね!

 

*しっかり化粧直ししたい場合*

 

しっかり化粧直ししたい場合は、ミスト化粧水やファンデーションも取り入れましょう。まず初めに、目の下のクマ部分をミスト化粧水で濡らします。そしてスポンジに少量のリキッドファンデーションを付けて馴染ませます。

 

次にコンシーラーをのせ、指でトントンと叩くようになじませます。コンシーラーは全体に塗るとヨレたりシワになったりしやすいです。よって目の下の一番くぼんでいる箇所にのみ、コンシーラーをのせましょうね。

 

コンシーラーを馴染ませたら、その上にパウダーファンデーションを重ねましょう。この時、スポンジで擦るように塗るとコンシーラーがヨレでしまいます。ポンポンと軽く押さえるイメージでファンデーションを重ね、化粧直しは完了です。

 

上記の化粧直し方法を使いわけ、夕方でも美しい目元をキープしましょうね!

 

コンシーラーを上手に利用して健康的な目元を作ろう!

 

今回は目の下のクマを隠す化粧直し方法をご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?クマを隠すにはコンシーラーの力を借りる事が大切になってきます。青クマにはオレンジ系・茶クマにはイエロー系・黒クマにはパール系のコンシーラーを使用しましょう。

 

そして化粧直しの際はティッシュ・ミスト化粧水・ファンデを上手に取り入れ、綺麗な目元を作って下さいね!又、クマを改善するには化粧で隠すだけではいけません。あなたのクマの原因を突き止め、根本から改善していく必要があります。

 

普段の生活を見直し、しっかり目元のケアを行って目の下のクマから解放されましょうね!