目の下のクマ アレルギー

アレルギーが目の下のクマを招く!色素沈着による茶クマを治そう!!

「アレルギーが酷くて目の周りが変色している」「目を擦ってしまいクマが酷くなった」このようなお悩みを抱えている方はたくさんいらっしゃると思います。

 

実はアレルギーは目の下のクマを悪化させてしまうのです。そこで今回は、目の下のクマとアレルギーの関係についてご紹介していきます。又、アレルギーによるクマの対処法も記載していますので、ぜひ最後までご覧下さいね!

 

目の下のクマにも種類がある?特徴や原因を理解しよう!

 

*青クマ*

 

青クマは目の下が青く変色するクマで、原因は血行不良です。目の周りの毛細血管が血行不良を起こす事で、黒ずんだ血液が皮膚を通して青っぽく透ける為に生じます。20代~30代の方に最も多いクマで、改善には血行を促す事が必要になってきます。

 

*茶クマ*

 

目の周りの皮膚は薄く非常にデリケートです。そこに摩擦・紫外線・乾燥等のダメージが加わると、肌は自らを守る為にメラニン色素を生成します。そのメラニン色素が沈着し目の下が茶色っぽくなったものを茶クマと言います。

 

茶クマを改善するには、ターンオーバーを促しメラニン色素を排出する必要があります。ターンオーバーを促す方法を下記に記載しますので、ご確認下さいね!

 

・十分な睡眠をとる ・バランスのとれた食事を摂取する ・適度な運動 ・マッサージ
・体を温める ・ストレス解消 ・体内の酸化と糖化の防止 ・腸内環境改善 ・禁煙
・洗顔やスキンケアを正しく行う ・保湿ケア ・紫外線対策 等

 

上記がターンオーバーの機能を正常化する方法です。改善するべき点がある方は、今日からでも取り入れてみて下さいね。

 

*黒クマ*

 

加齢や肌の老化等の影響で目の周りの皮膚がたるみ、目の下に黒い影となって表れるのが黒クマです。肌の老化は20代後半から徐々に起こりますので、今の内からきちんとたるみ対策をしておきましょう。目の周りの筋肉を鍛える事がオススメですよ。

 

上記の3つがクマの種類です。特徴や原因をしっかり知り、あなたのクマがどれに当てはまるのかを知っておきましょうね!

 

アレルギーで目の下のクマが生じる理由と対処法って?

 

上記で記載した3つのクマの内、アレルギーが原因で生じるのが「茶クマ」です。目の周りのデリケートな皮膚に対象のアレルゲンが付着し炎症を起こす事で、メラニン色素が生成されます。そして色素沈着を起こし、茶クマになってしまうのです。

 

又、アレルギーの影響で目や目の周りを掻いてしまうと、それが刺激となりメラニン色素が生成されます。アレルギーによる目の下のクマは、放っておくと悪化していきます。よって皮膚科できちんとアレルギーの治療を行いましょう。

 

そして肌のバリア機能を高める為にも、普段のスキンケアを怠らない事が大切です。アレルギーを持っている方は、もともと肌のバリア機能が弱いです。よってこれ以上バリア機能を低下させない為にも「保湿」を十分に行いましょう。

 

油脂性軟膏・尿素クリーム・ヘパリン類似物質・セラミド等の保湿成分が有効です。これらの中であなたに合った保湿化粧品を選び、普段のケアに取り入れて下さいね!

 

アレルギーを治療してクマの改善を目指そう!

 

今回はアレルギーが目の下のクマを招く理由についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?アレルゲンが目の下の皮膚に付着すると炎症を起こし、それが茶クマを生んでしまいます。又、かゆくて擦ってしまう事も茶クマを生み出す原因となります。

 

アレルギーによるクマを放っておくと、症状は悪化してしまいますので、きちんと皮膚科で治療しましょう。そして肌のバリア機能の働きを高める為にも、普段の保湿ケアを忘れないで下さい。

 

皮膚科で保湿クリーム等を処方してもらった方は、毎日必ず塗りましょうね。普段のケアと病院での治療を継続し、目の下のクマを改善していきましょう!