目の下のクマ 中学生

中学生でもできる目の下のクマ解消法

勉強やクラブで頑張っていると中学生でも目の下にクマができます。メイクなどで隠せる場合は良いですが学校によってはメイクもダメという厳しいところもあります。お金もあまりない学生でもできるクマ解消法をお伝えしていきます。

 

中学生にできるクマの原因

 

中学生でのクマができる原因としては夜更かしなどでの睡眠不足によるものが原因です。クマにもいろいろ種類があって肌のターンオーバーが悪くなったり、加齢によるものだったりがあるのですが、中学生という年齢では考えにくいです。

 

中学生はクマの中でも「青クマ」と言われるクマになります。青クマとは目の周りの毛細血管が委縮してしまって血流が悪くなり血液が黒ずんだ色になります。目の周りの皮膚は他の顔の皮膚より薄くなっています。血液の色が透けて見え、外から見ると青色に見えるのです。

 

青クマの対処法

 

青クマは血流が悪くなることで起きます。スマホ、パソコンなどで目の使いすぎ、睡眠不足が原因なのでスマホなどを少し控えたり睡眠を十分とるなどすると根本から改善していけます。

 

今すぐ改善したいのであれば「目を思い切りつぶる」と「目を思い切り見開く」を繰り返すことによって目の周りの筋肉をストレッチさせると血流をよくすることができますし目の周りがスッキリするので表情をよくする効果もあります。

 

さらにホットタオルによる温熱法が効果があります。これは濡らしたタオルなどを電子レンジなどで約1分加熱することで手軽に作れるのでおすすめです。ホットタオルを目の上にのせて5分ほど自然に冷めていくのを待ちます。そうすることによりリラックス効果もありますのでおすすめです。

 

電子レンジで蒸しタオルを作るのは慣れないと火傷の危険がありますので注意してください。レンジの性能上タオルの中心部分が一番熱くなりますので気を付けてください。

 

外出先できづいた場合は目の周りを軽く押して離してを繰り返したり目の下側を目頭から目じりに向かって指を滑らすように動かしてマッサージすることで血流を改善することによってクマを軽減することができます。力の入れすぎなどには注意して下さい。

 

中学生でもお金がかからずできる

 

今回紹介した対処法はどれもお金はほとんどかからずできるものばかりです。ただ力加減や温度に注意したり、一度に何回もすると目の周りの皮膚は薄いので肌が荒れる原因になりますのでお気を付けください。