目の下のクマ くぼみ

ちゃんと寝たのに目の下のクマが治らないのはくぼみのせい!?

寝不足の時に起こりやすい目の下の「クマ」。ひと段落したからゆっくり寝て朝起きて治ってるかと思いきや全く変わってないことありませんか?年のせいで疲れが抜けにくくなっているというふうに思っている人は要注意です。それはちゃんと寝ても治らないクマの可能性があります。

 

まずは目の下のクマをチェックする

 

「クマ」にはいろいろ種類があって疲れをとったり化粧水などで改善するものもありますが中にはそれらでは改善しないものもあります。まずはあなたのクマは何が原因なのかをチェックしていきましょう。

 

茶クマ・・・茶クマは主に角質層が分厚くなったり、色素細胞であるメラニンがたまってできるクマのことです。メイクの落とし忘れ、目のこすりすぎが原因です。一般的には美白化粧水などが対策として挙げられます。夏の紫外線対策をすると予防に効果的です。

 

青クマ・・・青クマは目周辺の血行不良が原因です。睡眠不足、不規則な生活習慣などが要因です。顔面筋のストレッチやマッサージ、ホットタオルなどで改善されます。

 

赤クマ・・・赤クマは目の下の脂肪細胞が増え、さらにその上にかぶさるようにある眼輪筋が衰えることで脂肪細胞が眼輪筋を前に押し出します。目の周辺の皮膚は薄く眼輪筋が透けて見えるので赤く見えます。これは眼輪筋を鍛えるか手術が必要になります。

 

黒クマ・・・黒クマは生まれつき目の下がくぼんでいる、加齢により痩せてくぼみ始めるとそのくぼみは光が当たりにくくなるので周りより暗く見えます。今回の記事はこれに焦点を当てていきます。

 

黒クマの改善方法

 

黒クマは他のクマと違い原因が生まれつきのものだったりするので改善方法がかなり限定されます。手術をする方法が現実的ですのでその方法をご紹介します。

 

手術方法はくぼんでいるところに脂肪などを注入したりして膨らませたり、くぼんでいるところの周辺は逆に出っ張っていることが多いのでそこの脂肪細胞を除去したりして、その除去した脂肪をくぼんでいるところに入れ込むということをします。

 

黒クマは自分では治せません

 

自分の顔の凹凸やくぼみが原因でできる黒クマは自分ではどうしようもありません。現代では医療の進歩によりかなり自然な仕上がりになるので効果が大きいです。

 

目の印象は見た目年齢に大きく影響します。是非医師に相談の上手術するかどうか決めてください。