目の下のクマ オロナイン

目の下のクマにオロナインは効果があるのか

目はその人の印象にかなり大きな影響があります。女性のメイクではアイメイクにかなり時間をかけたりします。その印象の差がすごいと詐欺とまで言われたりもします。目の印象をよくするか悪くするかでその人の見た目の印象は天と地ほどの差が生まれます。

 

今回はその中でも「クマ」についてです。そもそもくまとは何かということとそのケアについて手軽に手に入る「オロナイン」効果があるのかどうかということをご紹介していきます。

 

目の下のクマはそもそも何なの?

 

目の下のクマにはいろいろ種類があります。

 

1つ目は色素が沈着してできる茶色の「茶グマ」です。これはシミなどと同じで色素であるメラニンがたまって茶色に見えるクマのことを指します。

 

2つ目は主に血行が悪くなって起こる「青グマ」です。目の周りの皮膚は顔のほかの部分と違い薄くできています。その下には毛細血管がたくさん通っていて、そこの血行が悪くなると血の色が黒ずんできます。それが外から見ると青く見えるので青グマと言います。

 

3つ目は加齢によることが多い「黒グマ」です。加齢により目の周りの脂肪が細胞が委縮してしまったり、逆に飛び出てきてしまって凹凸ができ、そこに影ができるので黒グマと言います。

 

クマと一言で言ってもいろいろ種類があります。ですのでそれぞれにあった対処をしていきましょう。それぞれにまだ何パターンかありますが今回は割愛します。

 

目の下のクマにオロナインは効果があるのか

 

オロナインは手軽に手に入るクリームです。スキンケアというより薬のイメージがあるものですが目の下のクマには効果があるのでしょうか。

 

実際オロナインにはそのような目的としては作られていません。しかし著名な美容家の方は顔に使っています。なぜなら乾燥を防いでくれるからです。乾燥は肌には大敵です。それを防ぐことで肌へのダメージを抑える働きがあります。

 

前述したクマの種類の中では3つ目の黒グマの予防に効果が期待できます。乾燥は加齢による皮膚の変化をどんどん加速させる要因の一つです。それを未然に防ぐことで予防できる可能性があります。

 

クマ対策にオロナインを使う時の注意点

 

アトピー性皮膚炎の方や茶グマ・青グマの方には効果は期待できません。そして目の周りに使用するので目に入らないようにご注意ください。さらにオロナインの本来の使用目的ではないので、自己責任となることを理解して下さい。