目の下のクマ 美白

目の下のクマを美白するには?クマの正体と対策方法!

目の下の消えないクマに、美白化粧品が効果的と聞いたけど、効果が見られない・・・とお悩みのあなたへ。実は、クマには種類があって、美白できるクマとできないクマがあるのです。まずは、あなたのクマの種類を知る必要があります。

 

今回は、美白が可能なクマの種類と、その原因・対策をご紹介しますね。

 

美白が可能なクマの種類とは?

 

クマには、「青クマ・赤クマ」「黒クマ」「茶クマ」があります。「青クマ・赤クマ」は血行不良によって起こるクマです。「黒クマ」は老化の影響でできるクマです。

 

そして「茶クマ」は、紫外線や乾燥、色素沈着によって起こるクマです。美白が可能なクマは、この茶クマです。

 

茶クマの正体とは?

 

目の下の薄い皮膚は、乾燥や紫外線、目の周りの擦り過ぎ等の刺激に非常に弱いです。それによって茶クマができるのですが、その茶クマの正体とは何か?それは、メラニン色素と最終糖化産物(AGE)です。

 

メラニン色素とは、日焼け等でできるシミの事で、このメラニン色素には美白化粧品は効果があります。しかし、最終糖化産物は美白効果がありません。この2つが重なり合うと、より治りにくい茶クマへと変化します。

 

最終糖化産物とは、血中で過剰に増えてしまったブドウ糖とタンパク質が結合して、体温で温まる事によって糖化を起こしてしまいます。この、糖化こそが、老化を進める原因物質になります。糖質は体内で作られる他に、食べ物から体内に入ってきます。

 

最終糖化産物は、老化を進めてしまう以外にも、体の調子を崩してしまう危険性があります。「糖とタンパク質が加熱されてできた食べ物」は控える様にしましょうね。

 

茶クマに美白化粧品やピーリングは効く?効果的な成分とは

 

美白化粧品は、「美白」と付いていますが、シミや色素沈着を予防する効果しかありません。もう、肌に染み付いてしまった色素沈着、茶クマには効果が見られないでしょう。茶クマには、美白効果より保湿効果のある化粧品を選ぶ事をお勧めします。

 

又、ピーリングも肌を明るくする効果はありますが、茶クマを消してはくれません。むしろ、ピーリングの際の刺激で、目の周りの皮膚を傷つけてしまい、色素沈着の原因となってしまいます。色素沈着を消す為に、色素沈着の原因を作ってしまうのは残念ですよね。

 

クマに効果があると言われているハイドロキンですが、理由は茶クマを漂泊する効果がある為です。しかし、ハイドロキンは酸化しやすく、酸化すると肌に悪影響を与えてしまいます。目の下の薄い皮膚では、刺激を感じやすい場合もありますので、注意が必要です。

 

茶クマを改善するには、ビタミンCを摂取する事が、最も効果的です。ビタミンCとは、様々な肌トラブルに対応できる万能美容成分です。コラーゲンの生成や、ターンオーバーを助ける働きがありますので、肌を傷めた事によって起こった茶クマに効果があります。

 

日常から肌への刺激を減らしましょう

 

今回は、茶クマの美白についてご紹介しましたが、ご参考になりましたか?日常の生活にも改善のポイントはあります。乾燥や紫外線の対策をしっかり行う事、洗顔やクレンジングの際は、肌を傷つけない様に優しく行う事が肝心です。

 

乾燥や紫外線によるダメージには、保湿成分が豊富な化粧水やクリームを使う様にしましょう。目の周り用の保湿クリームも効果的です。茶クマには即効性のある改善方法はありませんが、毎日のケアをしっかり行い、明るい目元を作りましょうね!