目の下のクマ コンシーラ

目の下のクマを上手に隠して美肌メイク!コンシーラを上手に使おう!

目の下のクマの改善を目指して、日々お手入れを頑張っています!というあなた。しかし、クマの改善に、即効性のある方法はありません。改善を頑張っている間、メイクで上手にクマを隠したいですよね?

 

クマを隠すには、コンシーラが効果的ですよね。しかし、クマの種類によって、使うコンシーラを変える事で、今よりもっと効果が出てきますよ!今回は、クマ隠しに効果的なコンシーラの種類とメイク方法をご紹介します。

 

コンシーラを選ぶ基本条件

 

コンシーラは自分の肌と同じカラーか、ワントーン暗いカラーを選びます。又、目の下のクマにはリキッドタイプのコンシーラがお勧めです。目元の皮膚はデリケートですので、スティックタイプの物を使うと摩擦で肌を傷つけてしまいます。

 

あなたのクマに合っていないコンシーラを使う事で、浮いてしまい余計に目立ちます。コンシーラを選ぶ時は、上記を基準に購入して下さいね。

 

それぞれのクマに適したコンシーラ

 

青クマは、血行不良が原因で起こるクマで、目の下が、青紫や黒っぽくなるのが特徴です。そんな、青クマに適しているのは、反対色であるオレンジ系のコンシーラです。又、ピンク系のコントロールカラーで血色を良くするのも効果的です。

 

茶クマは、紫外線や乾燥による色素沈着が原因で起こるクマで、目の周りが茶色っぽくなるのが特徴です。茶クマに適しているのは、イエロー系のコンシーラです。美白や保湿効果のある物を選びましょう。

 

黒クマは、加齢による目の周りの皮膚のたるみが原因で起こるクマで、たるんだ皮膚が目の下に影を作っているのが特徴です。黒クマに適しているのは、ベージュ・オークル・パール系のコンシーラです。ハイライト等で、目元に光をプラスさせるのも効果的です。

 

赤クマは、青クマと同様に、血行不良が原因で起こるクマで、目の下が赤やピンクっぽくなるのが特徴です。軽度の赤クマにはイエロー系、重度の赤クマにはグリーン系のコンシーラが適しています。又、パール系の明るめのコンシーラも効果的です。

 

コンシーラを上手に使うには?

 

コンシーラをブラシ等で取り、手の甲で量を調節した後、クマに少量ずつのせ、顔の外側に向けて伸ばします。コンシーラを伸ばしたら、パフで余分な油分を取り、その上からフェイスパウダーやベビーパウダーをのせます。最後にファンデーションを塗って完成です。

 

コンシーラの上にフェイスパウダー等をのせる事で、化粧ヨレが軽減されます。コンシーラがヨレてしまった時には、綿棒でヨレた部分を拭き取ります。その後、新しい綿棒で少量のコンシーラをクマに足していき、指でトントン馴染ませます。

 

ひと手間かける事で、上手にコンシーラを塗る事ができます。また、コンシーラがヨレてしまって、目の下を拭き取る際は、優しく力を入れずに拭き取って下さいね。

 

嫌な目の下のクマにはコンシーラが味方

 

今回は、それぞれのクマを隠す為のコンシーラ選びについてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?あなたのクマによって、使うコンシーラを変えてみて下さいね。又、メイクの際のひと手間も、惜しまずに行ってみて下さい。

 

完成時には、いつもと違った変化が見られると思いますよ。引き続き、クマの改善を頑張りながら、コンシーラを上手に利用していきましょう!